会喜地域薬局グループ

福島県会津若松市に5薬局、いわき市に2薬局を運営するグループです。「おらが町を支える薬…

会喜地域薬局グループ

福島県会津若松市に5薬局、いわき市に2薬局を運営するグループです。「おらが町を支える薬局」をテーマに、地域に根差して、地域に親切で温かい薬局サービスを提供するために奮闘中。SmartHRに憧れて(本家は休刊になってしまいましたが)オープン社内報を運用してみることにしました!

マガジン

  • トリクミ

    会喜のグループ全体でのトリクミ、薬局ごとのトリクミ、他SaaSなどのシステムの活用法などのマガジンです。

  • トリセツ

    社内であまり関わり合いがない、、忙しそうでちょっと話しかけにくい、、と感じる人はいませんか? そんなことないよ!と知っていただくための、スタッフのとりせつ(取扱説明書)です。

  • タカハシのメン活🍜

    ラーメンの聖地喜多方で青春時代を過ごし、ラーメンを愛し、ラーメンを年100回以上食べるタカハシリョウタさんによる、ラーメン・レビュー! 気になったお店にはぜひ行ってみてね♪

  • マワレ!!

    メタルファーマシー、さど調剤グループ、会喜地域薬局グループで行っている 在籍型出向研修「マワレ」についての記事です。 プレスリリース↓ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000064693.html

  • あいき寄稿・掲載集

    会喜地域薬局グループのオープン社内報へ寄稿頂いた記事や当グループのことを取り上げて頂いた記事をまとめています。

トリクミ

会喜のグループ全体でのトリクミ、薬局ごとのトリクミ、他SaaSなどのシステムの活用法などのマガジンです。

くわしく見る

クレド制度について振り返ってみよう!

お疲れさまです。 クレドチーム(チャージ)のとりまとめをしている、ひのき薬局の中島です。 6月のテーマは「TORIKUMI」ということで「会喜の制度、取り組み」について紹介していきます。今回のテーマは、「クレド制度」について。 早速、振り返っていきましょう! クレドとクレドチャージまずは、制度について話す前に外せないのが「クレド」についてですね。 「薬局 クレド」で検索してみると、上位5つ以内には当社の事例が入ってくるので、薬局界隈では珍しいのかもしれません。 新人

スキ
26

薬局の文化をわかりやすくするためには? ~現在「クレド」見直し中~

みなさん、こんにちは。 けやき薬局の馬場(き)です。 突然ですけど、現在「クレド」の文言などの見直しています。 そもそもクレドカードってなんだっけ? なんで見直すんだっけ? というところの説明もかねて、進捗報告をしたいと思います。 当グループのサービスを語るうえで切っても切れない「クレド」についての話で、評価などにも関わってくるので必ず読んでくださいね! あいきのクレド当グループでは、「親切で温かい高品質の医療の提供」という目的を達成するため、みんなのベクトルをそ

スキ
41

会喜のカイゼン

どうも、陶芸…いや、リスクマネジメント委員のハシモトです。 6月のテーマは「TORIKUMI」ということで、会喜の制度、取り組みについて紹介していきます(6月1本目〜!)。 新入社員の方々も入社から2ヶ月が経ち、だんだん業務に慣れてきた頃だと思います。業務に慣れてくる一方で、ミスが増えてくる時期でもありますよね。 ミスが起きた場合は、次に同様のミスを起こさないためにも業務を見直して改善していくことが大切です。 といことで、今回のnoteでは「会喜グループ式 カイゼン」

スキ
47

在宅がんばるぞ!@在宅推進委員会発足

どうも、みずき薬局の橋本です。 今回も私は燃えています!といいたいところですが、若干燃え尽きていました、すみません... 先月末に2年続いた ぱくさんの在宅研修 が一区切りし、その後、1週間で社内勉強会を3つ連続で担当したところ、あしたのジョーみたいになってしまいました。 しかし、いつまでも真っ白になっていてはいけないのです。 先日の店長会議でもお話しましたが、この度「在宅推進委員会 」(名前は仮です)を発足します!  そのために動きだします。 そもそも在宅推進委員会

スキ
45

トリセツ

社内であまり関わり合いがない、、忙しそうでちょっと話しかけにくい、、と感じる人はいませんか? そんなことないよ!と知っていただくための、スタッフのとりせつ(取扱説明書)です。

くわしく見る

クリキカツヒロのトリセツ

みなさん、こんにちは! みずき薬局で、来年の薬剤師国家試験に向けて研修中のクリキ カツヒロと申します。 さて、みなさんは前回のリョータさんのメン活をお読みいただけたでしょうか? 最後の謎の登場人物は、何を隠そうこの私です!!(シーン) 恥ずかしながら…こう見えて人見知りですので、この自己紹介を機にイジっていただけますと幸いです。(そして、出力調整ミスで滑っていたら、遠慮なく突っ込んでください!) 会喜地域薬局グループを知ったきっかけ…ずばり! タカハシリョータさんとの

スキ
62

上半期「No.1カイゼン」受賞者にインタビューしてみた

こんにちは。 くすのき薬局西若松店の村田です。 半期に1度の「No.1カイゼン」の時期がやって参りました! これまでのNo.1 カイゼンはこちら👇 2023年度上期の受賞は、大竹さんの「OTCの発注先カンペ作成」です。 おめでとうございます! No.1カイゼンの詳細OTC発注先のカンペを作成 写真のように商品の「値札の裏」に発注先を記入して、誰でもすぐに発注先が分かるようにしたというもの。 スマレジやスプレッドシートで確認しなくても、その場で発注先の判断がつくよう

スキ
31

面接という限られた時間の中で、キャリコンの私がしている人と話の掘りかた

お疲れさまでございます。 企画・採用担当のタカハシ(@taremetabo)です! 今月のテーマは「KODAWARI」。もれなくタカハシも 編集長より… さて、なにか KODAWARI(こだわり)あったかな。 話は変わりますが、最近「息抜きできてる?」 「趣味とか作ったら?」とご心配いただくことが多々あります(会喜のみなさま、お気遣いありがとうございます)。 しかしながら、何事にも大して興味も熱意も湧かず…。大好きだったはずのラーメンやコーヒーへの関心も薄くなってきて

スキ
72

【薬剤師✕高校野球】高校野球通薬剤師が選ぶ思い出の3試合

こんにちは、みずき薬局の西脇です。 5月のテーマは「変態的なこだわり」とのことで、特に変態的なこだわりもなく、何を書こうか悩みましたが、子どものころから好きな「高校野球」について書くことにします。 私は小学3年のとき、ある試合をみてから高校野球にハマり、それ以来現在にいたるまで毎年高校野球をたのしんでいます。 今回はそんな私の高校野球「思い出の3試合」を紹介したいと思います! 1. 私を高校野球の世界に導いた一戦【1976年】選抜2回戦 崇徳(広島) vs 鉾田一(茨

スキ
44

タカハシのメン活🍜

ラーメンの聖地喜多方で青春時代を過ごし、ラーメンを愛し、ラーメンを年100回以上食べるタカハシリョウタさんによる、ラーメン・レビュー! 気になったお店にはぜひ行ってみてね♪

くわしく見る

【エキナカで食す!】会津山塩食堂

お疲れさまでございます。 企画・採用担当のタカハシ(@taremetabo)です! おおよそ4ヵ月半ぶりのメン活…。ファンのみなさま、お待たせいたしました!引退したわけではございませんので、ご安心ください(え、ファンて?)。 気を取り直して…今回ご紹介するお店は JR会津若松駅 内にある「会津山塩食堂」。 「会津山塩を使ったさまざまな料理や楽しみ方を提案していきたい」と、2021年7月にオープンしたこちらのお店。エキナカにある唯一のお食事処で、11-18時まで通しでやっ

スキ
56

メン活に挑戦してみた

こんにちは、東原です。 2022年11月以来、昨日2/2から1年2ヶ月ぶりに会津若松にお邪魔しております。前回もnoteさんで訪問記を書かせていただきましたが、今回は会津若松に滞在している、まさに、いま、当記事を書いています。はじめてひのき薬局さんにも伺わせていただきました。いやーすごかった(語彙力)。ここまでのハイライトを写真とともに振り返りつつ、なんと、今回、はじめてメン活に挑戦させていただきました。タカハシさんのきびしいツッコミが入ることまちがいなしですが、どうか温か

スキ
42

【久留米へようこそ!】 丸星ラーメン

お疲れさまです。 久留米工業高等専門学校のササキ(@sasasasasa1015)です! 本日は、東原編集長から依頼があり、僭越ながら寄稿シリーズとして筆を執らせていただきました。 さて、みなさま! やはり福岡といえばとんこつラーメンでしょうか。地元では他県の方が食べるときには「豚くささ」とも表される「におい」があるラーメンが愛されています。 本日ご紹介するラーメンは、昭和から地元で愛される「丸星ラーメン」です。 こちらのお店は国道3号線沿いにあり、トラックの運転手さ

スキ
57

【会津版とんこつラーメン】 こうみ家

お疲れさまでございます。 企画・採用担当のタカハシ(@taremetabo)です! 1月の社内報テーマは「メン活」でしたが、いかがでしたでしょうか。トリはタカハシが務めさせていただきます。 今回、ご紹介するのは「とんこつラーメン こうみ家」さん。 今更かもしれませんが、「こうみ家 ≠ 家系」って知っていましたか?(以前、店内の注意書きの貼り紙がありました)。 店名に「家」がついてるし、豚骨醤油だし、トッピング玉ねぎだし、白米が付くし…ずっと家系(インスパイア)だと思って

スキ
59

マワレ!!

メタルファーマシー、さど調剤グループ、会喜地域薬局グループで行っている 在籍型出向研修「マワレ」についての記事です。 プレスリリース↓ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000064693.html

くわしく見る

みついから見た、マワレフェス

こんにちは!チョコミント大好きみついです! 熱気冷めやらぬ体験記録を残したいと思い、ここに記します。 去る3月24日にマワレフェスなるものが開催されました。 マワレフェスでは、マワレプロジェクトで出向した社員が、その体験を発表したり、企業-社会人-学生で交流したり、とっっっっッてもたのしい時間でした(まじであっという間だった) マワレフェス、終えてみて率直な感想 の一言に尽きます。 今回のマワレフェスの1つの見どころに出向者の成果報告がありました。 株式会社メディカ

スキ
11

【寄稿シリーズ】佐渡が好き。でも、会津も好き

会喜地域薬局グループのみなさま、そしてこのオープン社内報を見ているみなさま、いつも大変お世話になっております。 さど調剤グループの光谷良太と申します。新潟県佐渡島を中心に、新潟県内各所で保険薬局を運営しております。 会喜のみなさまとは、”マワレ” をはじめ、多方面に交流させていただいており、いつもとても刺激を受けております。 今回は、馬場さんより「ウチの社内報に寄稿せい!」とご依頼がございましたので、少しばかり好き勝手に綴らせてもらいます。 「さど」と「会喜」の共通点

スキ
49

#マワレ に参加して感じたこと

こんにちは、チョコミント大好きみついです! 今まさに取り組んでいる「マワレプロジェクト」が自分にとって、会社にとって、とても有意義だと感じたため、みなさんにもこのプロジェクトのすばらしさ、魅力を少しでも知っていただきたいと思い、報告がてらnoteに書きたいと思います。 マワレプロジェクトに参画した理由2期マワレプロジェクトとして、弊社とメディカルリンク(三重県)とで社員を相互に出向させていただき、研修(約3週間)を実施しました。 メディカルリンクの楢井社長、すばらしい研

スキ
15

弊社独自の役職「セーラームーン」について

こんにちは! 楽しいX'masをお過ごしでしょうか…。 そんな中、弊社のnoteにたどり着いていただき、ありがとうございます。 先日、マワレでお世話になっている社外の方々へ向けて、株式会社メタルファーマシー独自の役職である「セーラームーン」について発表する機会がありました。 本日は、皆さまにも「セーラームーン」について知っていただきたく投稿いたします。 発表者紹介 金太郎薬局 春日野道店 榎 金太郎薬局 伏見店 福場 2名の『セーラームーン』で発表を行いました。 榎は

スキ
11

あいき寄稿・掲載集

会喜地域薬局グループのオープン社内報へ寄稿頂いた記事や当グループのことを取り上げて頂いた記事をまとめています。

くわしく見る

【参加者満足度100%!!】初開催!Smart相談室ユーザー会をまるっと振り返る Vol.1

こんにちは、温井です! 私は2022年7月〜2023年12月末までの1年半、SmartHRからSmart相談室へ出向をしていました。 突然ですが… Smart相談室の【第2回 ユーザー会】の開催が目前に迫ってきましたね…! ふと、そういえば第1回のnoteって公開してなかったなぁ〜と思ったので、思い出し思い出しの後日談にはなりますが、記念すべき第1回 ユーザー会の様子をお届けしたいと思います! 👇こんな皆さまのお役に立てたら幸いです✨ 「興味あるけど、ユーザー会ってど

スキ
40

【寄稿シリーズ】人生讃歌

私は関西で株式会社メタルファーマシーという薬局と弁当屋とバーを運営する会社の代表、川野義光というものです、ということを1枚の写真で表しました。 おっすおはようございますさて、会喜地域薬局グループさんのnoteでは「他社から見た会喜」というようなテーマでの寄稿が続いており、私も例に漏れずそのようなテーマでの寄稿依頼をいただきました(ご指名本当にありがとうございます、うれしい) だがしかし。 会喜さんの社内報はすでに多くの外部の方が書かれていて十分にその魅力は伝わっているの

スキ
44

【寄稿シリーズ】会喜地域薬局グループさんをサポートすることが日本を支えること

馬場社長(@meganebouz)からラーメン愛好者向け(@taremetabo)のnote…いや、オープン社内報(@aiki_pharmacy)に寄稿させていただける話をいただき、とても光栄です。 私は、会喜地域薬局グループさんのファンです。おおっぴらに言うと贔屓していると思われるので、普段は言っていません。せっかくの機会なので、今日は、その贔屓している理由を綴ろうと思います。 贔屓1:会喜地域薬局グループさんは、Smart相談室の恩人馬場社長と初めてミーティングさせて

スキ
49

県外から入社希望者も。「オープン社内報」で専門職採用や地域活性化を目指す会喜地域薬局グループ

昨今、多くの企業が取り組んでいる「オープン社内報」。これまで社内報は、社内の情報共有という役割が主なものでした。しかし、今ではその枠を超え、新たな採用・ブランディング手法として、外部に企業文化や社員の想いなどを発信する方法としても活用されています。 特に、福島県の会津若松市・いわき市で薬局を運営する会喜地域薬局グループは、noteでオープン社内報を公開し、社外からも注目・関心を集めている企業の一つです。 今回は会喜地域薬局グループ代表の馬場祐樹さん、企画・採用担当の高橋亮

スキ
103