マガジンのカバー画像

トリセツ

37
社内であまり関わり合いがない、、忙しそうでちょっと話しかけにくい、、と感じる人はいませんか? そんなことないよ!と知っていただくための、スタッフのとりせつ(取扱説明書)です。
運営しているクリエイター

記事一覧

【薬剤師×エンジニア】 薬剤師が0から始めたプログラミング

みなさま、こんにちは。 けやき薬局の古宮です(実は初投稿です)。 祐樹さんより「変態的なこだわりについて社内報を書いて」との依頼があったので、0から始めたプログラミングについて書きたいと思います。 自己紹介簡単に古宮について自己紹介します。 前職時代には社内情シス(情報システム部)があったため、プログラミングに触れることもなかったですし、やってみようと思うこともありませんでした。それが今では、社内Slackアンバサダーをやったり、情シスみたいなことをやっております。

下半期「No.1 カイゼン」受賞者にインタビューしてみた

みなさん、こんにちは。 けやき薬局の佐々木です。 半期に1回、ベストカイゼン賞を選んで表彰しています。 カイゼンとは「ミスが起こらないように、効率よくなるように取り組む改善活動」のことです。2022年度下半期で30件報告があり、その中でのNo.1が選ばれました!(パチパチ) 2022年度下期の栄えある1位は、古宮さんが報告してくれた、「優先卸をSlack上で検索できるようにシステムを作成した」です。おめでとうございます! なんだそれ?と思った方。大丈夫です、詳しく説明し

2024年1-3月期:プチ表彰受賞者にインタビューしたよ

みなさん、お疲れ様です。ひのき薬局の中島です。 会喜グループ、四半期に一度の恒例イベント 短期表彰(通称:プチ表彰)受賞者へインタビューを行いました。 今回は、2024年1月-3月期の受賞者インタビューをお伝えしていきます! これまでのプチ表彰はこちら。 「ミスを肯定的にとらえる」 安齊さん🏆まずは、1人目!インタビュアーは、けやき薬局の佐藤(史)さんです。 受賞理由 ー 受賞おめでとうございます!受賞の気持ちとコメントをどうぞ ビギナーズラック的な受賞かもしれ

【薬剤師×陶芸】薪ストーブの灰で釉薬つくってみたよ!

どうも、みずき薬局の橋本です。 今月のテーマは「KODAWARI(こだわり)」です。 編集長の東原さんから「私は読者に迎合するのではなく、突き放すような記事が読みたいです」との依頼がありました。おそらくこれから書く記事は薬局業界関係者には意味不明で、一部の陶芸好きの方のみに刺さる記事になると思います。あらかじめ断っておきます。ごめんなさい。 いろいろ考えてもしょうがないので、進めていきますよ。 今回のタイトルは「薪ストーブの灰で釉薬つくってみたよ!」です。 自宅の薪スト

【薬剤師×日本酒】日本酒を知れば、その地域がもっと好きになる

お疲れ様です。 みずき薬局の旗手(あ)&いぶき薬局の旗手(ゆ)です。 「変態的なこだわりについて記事を書いてください」というお題をいただいたので、入社5ヵ月目の私たちがこよなく愛している「日本酒」についてお話したいと思います。 偏愛と化した会津酒への執着埼玉県から福島県会津若松市へ移住して4ヵ月が経過。会津のお酒を以前より多く飲むようになりました。 そう。会津の日本酒は、歴史が長いのです。 「そんなに地元のお酒ばかり飲んで飽きないの?」と言われそうですが、まったく飽きま

【薬剤師×筋トレ】筋トレをすれば、思考が変わる

みなさんこんにちは。ひのき薬局の石川です。 今回は「こだわり」についてお題をいただいたので、「筋トレ」について書こうと思います。 趣味は筋トレです。突然ですが、私は社会人4年目くらいに筋トレを始め、現在4年くらい続けています。今は子供も生まれたこともあり、筋トレは週に1〜2回の頻度になりましたが、独身時代はハマりにハマって週に4〜6回ほどジムに通ってました。 また、もともとサプリメントなどを試すのが好きだったこともあり、筋トレを通じてサプリメントを買い漁っては飲む→数ヶ月

【薬剤師×防災士】災害時に薬剤師は何ができる?

みなさん、こんにちは。 会喜地域薬局グループ「第4のタカハシ」こと、ひのき薬局の高橋慶彦です。 「"変態的なポイント・こだわり"のテーマでなにか記事を書いて〜」と、突然リクエストがあったので、困惑しながらも投稿内容を考えてみました。 今回は、3月に「石川県の避難所へ支援に行った時の話」と「災害医療と防災」についてお伝えしていきます。 災害医療に興味をもったきっかけ私が災害医療や防災に関心を持ったきっかけは、やはり2011年の東日本大震災です(震災当時の会喜グループの取り

地方薬局の2代目がUターンした理由

みなさん、こんにちは。 けやき薬局の馬場(き)です。 3月は寄稿シリーズということで、私の個人的?な「なんで会津若松に帰ってきたのか」という話を寄稿します。 ひどく打算的でがっかりするような話かも知れないですけど、お読みいただける方はお付き合いください。 最初は帰る気がなかった?直接的な物言いが「OSO-18」と社内で評されておりますが、いまさら取り繕ってもしょうがないので、普段通りのテンションでいきます。 そもそも当初は、期待されるような「会津若松へ戻ろう!」という

2023年10-12月期:プチ表彰受賞者にインタビューしたよ

みなさん、お疲れ様です。 みずき薬局の中島です。 会喜グループ、四半期に一度の恒例イベント!短期表彰(通称「プチ表彰」)受賞者へインタビューを行いました。今回は、10~12月期の受賞者インタビューをお伝えしていきます! 【後輩を想ふ。新任主任の一歩】村田さんまずは、1人目!インタビュアーは上長でもある イイヅカさん。 受賞理由 - まずは、受賞おめでとうございます。 ありがとうございます。恐縮です。こういう表彰とか慣れてないので、なんだか恥ずかしいですね。でもうれし

【GPSとよばれた男】ハタテユウヤのトリセツ

いぶき薬局の ハタテ ユウヤです。 入社して1ヶ月半(24年2月末時点)。会津若松にも仕事にも慣れてきて、もう地域に溶け込めているような気がしています。会津若松市民らしく、休日はラーメン屋めぐりに勤しんでおります。 そうそう、前回の黒歴史。チョコレートを各店舗の全男性に送り届けるというサービス精神がすごすぎました! 前職でチョコをもらった記憶がない自分にとってはうれしいお心遣いですが、女性比率が高いと男性側のホワイトデーのお返しもハードになりそうですね。とはいえ、みなさ

ハタテアヤのトリセツ ~親愛なる上司 ハシモトサトシ 様~

二月十六日 拝啓。 お疲れ様です。ハタテ アヤです。 ほぼ職場で毎日お会いしているので、こうしてお手紙を書くのはなんだか新鮮です。 ハシモトさんは、前回の黒歴史 読まれましたか?衝撃でしたね。どこかのブラック企業…のエピソードかと思いました。 仕事をする上でプライベートを充実させることはとても大切なので、休みをキチンととれる制度や体制が確立されて本当に良かったです。 さて。「何故、手紙なんだい?」と気になりましたでしょう。私の大好きな「恋文の技術」という森見 登美彦

入社エントリ by アンザイヤスヒロ

みなさま、はじめまして。 中途入社のアンザイと申します。 会喜はIT化が進んでいるイメージだったので…過去の黒歴史を読んだだけで腱鞘炎になりそうです。 本日はアンザイが「どうして会喜地域薬局グループへ転職したのか」についてお話ししたいと思います。 アンザイの前職アンザイは東日本大震災を契機に地元会津へUターン就職し、総合病院で10年間ほど勤務していました。主にがん化学療法・注射薬管理・看護学校講師(薬理)を担当し、一生ズブズブに病院薬剤師として勤め上げるのだろうと自分で

シライサチエのトリセツ

残暑が厳しい9月。 「おつかれ」と気の抜けた声は、どこか心を許し合った雰囲気を感じさせるシライ(29)だ。彼女と私は2014年入社の同期。今日は2人しか知らない素顔、そして私しか知らない秘密を、紐解いていく。 シライサチエとの出会いあれは、2014年の3月。 けやき薬局の前でどきどきしていた私の前に現れたのがシライサチエでした。スーツを着ていたので、すぐに同期だと気が付きました。しかし、安心したのは束の間、シライサチエは全然緊張しておらず、先輩にも気軽に挨拶をし、なんなら

上半期「No.1 カイゼン」受賞者にインタビューしてみた

こんにちは。 リスクマネジメント委員の高橋(み)です。 今回は、弊グループが大切にしている文化の1つ社内表彰についてです。 上半期「No.1 カイゼン」を受賞した関さんにインタビューをしてきました。 ーNo.1 カイゼン受賞おめでとうございます!受賞した今の時の気持ちを教えてください このカイゼンが、グループの他店舗でも取り入れられ、散剤を調剤するときの間違い防止につながっていると思うと率直にうれしいです〜 ー見直しになったキッカケを教えてください 1歳違いの兄弟