見出し画像

学会で見た一包化BOXを採用したよ

けやき薬局 の 馬場(き) です。
先日の日本薬剤師会学術大会 の企業展示ブースで何人かが見つけて「便利そう」と評判の良かった、株式会社メディング の薬包用お薬BOXを採用しました(けやきに置いてあるので、何かの時に持っていってください)。

「やくほうようおくすりぼっくす」がビミョーに言いにくいので、社内的には「一包化BOX」で統一してください。

この記事は3分で読めます

動画

55秒間の株式会社メディングの公式動画です(身も蓋もないけど、動画を見れば読まなくても問題ないでしょう) 。twitter → @medingco_ltd

実際にやってみた

1.一包化を作成する

ポイント💡30~90包を続けてBOXに入れるので切らない

2.”印字面を内側”にしてくるくる巻く

くるくる〜

3.箱を組み立て、取出口に両面テープを貼る

画像は貼りすぎました…、小さく細いので十分

4.一包化ロールを入れて、端を両面テープで固定する

あとすこし

5.患者さん用の表示をする

薬手帳のシールを貼るのが便利ですかね?
朝・昼・夕・寝る前の用法シールも一緒に購入してあります。

じゃじゃ〜ん

6.患者さんに払い出す

一番最初にお渡しする時は、箱の開け方・使い方も説明してください(箱に書いてあるけど、念のため)。

反復分包(繰り返し)で作成→色分けとかもありですよね。

その他

  • 外来服薬支援料を算定している場合は、箱は無料で差し上げてください

  • 箱の個別販売する場合の売値については、社内ポータル > 薬剤師DOC > 備品単価 に記載しておきます。

  • 運用など各薬局で工夫したことがあれば、シェアしてもらえると嬉しいです。

こちらは興味のある人だけ

似たようなサービスでは、海外ではPillPack(Amazon.com, Inc. の子会社)が有名です。

ちなみに日本では、日本調剤株式会社が「薬箱」という名称で実用新案(実登3154211)で2009年に登録、2019年に存続期間満了になっていました。

この記事が参加している募集

#オープン社内報

22,831件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!