見出し画像

【一杯で3種類のスープが楽しめる】 らーめん福ちゃん

お疲れさまでございます。
企画・採用担当のタカハシ(@taremetabo)です!

今回ご紹介するお店は、2023年9月7日にオープンしたばかりのお店、「らーめん福ちゃん」です。場所は「MEGAドン・キホーテUNY 会津若松店」の近くにあります(麺家 大須賀 會津店 跡地で、元・店主の方がやっているお店のようです)

こちらのお店は、会津ソースカツ丼の老舗の名店「白孔雀食堂」の店主の内藤さんが、ご自身のX(旧 Twitter)YouTubeチャンネルで取り上げていたこともあり、オープン前から気になっていたお店でした!

先日、13時過ぎに到着したところスープ切れで暖簾が下がっており…。悲しい思いをしたので、再チャレンジ!(今年のタカハシ、こういう不運が多いぞ)

会津木綿の暖簾がカワイイ

無事に入店でき、券売機で食券を購入。こちらのお店は食券制になっており、一度店内に入り食券を購入後(混雑時は)ウェイティングボードに名前を記入し、お店の外で待つオペレーションです。この日は11:00着で、着席までの待ち時間は20分くらいでした。

今回は初めてなので…しょうゆらーめん+煮たまご を注文。麺は平ちぢれ麺にしてみました。ちなみに味は しょうゆみそ辛みそ の3種類、麺も細ちぢれ平ちぢれストレートの3種類から選ぶことができますよ。

なんと!スープが2層という仕掛けに

スープは、手前が鶏味、奥がにぼし味となっていて、混ぜ合わせると一杯で3度楽しめるようになっています。麺も大盛りだけでなく、替え玉を注文することができ、一度の来店で、とにかくたくさん楽しむことができるのが特徴です。

個人的に、ジャズ(ビッグバンド)が流れ、ミルの音が鳴る厨房に心が躍ります。

着丼! このほうれん草が分かれ目なんですね~

さて、鶏味のスープをひと口。塩味がストレートに舌に伝わってしまうとも聞く無化調ですが、繊細かつ上品なお味。にぼし味のスープもクドくなく、出汁の深みを感じます!

個人的に、にぼし味が好み

麺は、全粒粉を練り込んだ自家製麺。麺にもこだわりも強く感じます。普段食している多加水麺よりも啜り心地が軽く、素朴でありながら小麦の風味が口の中にたっぷり広がります。

ピロピロやで~

炭火で燻しの香りを纏わせたロース焼豚は、ふわトロ食感。厳選された醤油をブレンドしたかえしに漬けられ、コクもしっかり感じます。

このロース焼豚は絶品です!

煮たまごも味がしっかり染み、中身はトロリシャキシャキねぎもよいアクセントになり、もちろん完飲完食でした。

お知り合いの方も多く見えられていましたが、誰にでも変わらない元気な挨拶やお声がけも素敵なので、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。次回は、みそらーめんにしてようかな?

らーめん福ちゃん
住 所:福島県会津若松市飯寺北三丁目1-93
時 間:10:00~15:00(L.o 14:30)
    ※スープが無くなり次第、終了
定休日:月曜日・他
座 席:カウンター・テーブル・小上がり
駐車場:10台
決 済:現金
SNS:なし?
一番近い店舗:くすのき薬局 西若松店

【 プチ情報 】
・お水はセルフサービスです(以下、写真から見て券売機右手にあり)
・ティッシュや髪留めも、券売機左手にあります
・にぼしが苦手な方は、にぼし抜きにもできます
・外に行列ができていると、駐車しにくいのでご注意ください

編集長!現金のみのようです(ご報告)

この記事が参加している募集

#オープン社内報

22,831件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!