見出し画像

ヒラガナツミのトリセツ

残暑が厳しい9月。

「おつかれ」と気の抜けた声は、どこか心を許し合った雰囲気を感じさせるヒラガ(旧姓ヨコヤマ)だ。彼女と私は2014年入社の同期。今日は2人しか知らない素顔、そして私しか知らない秘密を、紐解いていく。

このくらいのカエルを見たことがありますか?

ヒラガナツミとの出会い

そうですね。
あれは2014年年3月26日、新入社員が全員集まり挨拶を交わしたときです。当時のヒラガナツミは入社のために髪を真っ黒に染めていたのが印象的ですね。

後に上司に対してまったく遠慮のない大物になるとは…、それがヒラガナツミとの出会いです。

ヒラガナツミの魅力

いちばんは優しいところですね。
変な人、いえ、おもしろい人というイメージが先行しがちですが、とても機微に聡くそっと寄り添ってくれる冬のカイロのようにあたたかい人です。

ヒラガナツミの素顔

ポーン

ここで言ってしまっていいのかわかりませんが、彼女は大泉洋の大ファンなんです。彼が出演した水曜どうでしょうのオタクでもあり、聖地で写真を撮ったこともありましたね。

水曜どうでしょうのグッズを手に入れると高頻度で白井GLに自慢して「いや、おれ別に好きじゃないんだけど…」と言われている気がします。あれ、もしかしてこれって有名な話でした?

ヒラガナツミに驚いたこと

社長との日常のエピソードですね。
一緒にアンパンマンマーチ(愛と勇気だけが〜のやつ)を歌ったり、突然ドーナツを買いに行かせたり、とてもフランクな関係性だと言うのは伝わります。しかし、話を聞いているとそのうち不敬罪に問われそうだなと思う時がありますね。

あと、「超酸っぱいレモン飴」の味がわからないと言われたことです。

これまで支えあってこられた秘密

敬意ある殴り合いをすることですかね。
ドスッと拳をぶつけられる存在がいるというのはとても心強く、どのような状況でも頑張れるものです。

アナタしか知らないヒラガナツミの一面

たまにIQが下がることがあります。
食事に行くときによく見ます。「あああああ…」しか言わなくなる時もありますね。

しっかりしていて、面白くて、気遣い屋で、優しくて、ちょっとイカれているのは皆さんご存知だと思います。

彼女の最近の変化はありますか?

やはり結婚したことでしょうか。
誰にも悟られずに数年お付き合いをしていたという事実に驚きです。まるで女優ですね。

相談がなかったことについて一言言いたい人は多いでしょうね。

おわりに

ずっと探していた 理想の自分って もうちょっとカッコよかったけれど

彼女はちょいとイカレた天才です。一緒にいると向上心が刺激されますね。

ぼくが歩いてきた 日々と道のりを ほんとは"ジブン"っていうらしい

Special Thanks


この記事が参加している募集

#オープン社内報

22,831件

#社員紹介

6,651件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!