見出し画像

【お蕎麦屋さんが作る一杯】 きくすい

お疲れさまでございます。
企画・採用担当のタカハシ(@taremetabo)です!

今回ご紹介するお店も朝ラーの聖地、喜多方にある「きくすい」。

春には3kmに渡って約1,000本のしだれ桜が立ち並ぶ「日中線しだれ桜並木」の近くにあり、地元の方に人気のお店です。(元々はお蕎麦もやっていましたが、現在はラーメン1本でやっているようです)

ちなみに、店名が漢字とひらがな両方の記載になっていますが、昭和61年に初代店主が「菊水」で創業し、平成10年に二代目が「きくすい」とあらため、継承されたようですよ。

いざ!(ラーメンはしご3軒目)
手書き×写真付きのメニューがよい感じ

きくすいと言えば、数あるメニューの中でも「みそら〜めん」が1番の人気ですが、“そば屋が作る和風だし…”という文言に惹かれ、今回は「ら~めん」をチョイスしてみました!

着丼〜

ではでは、まずはスープをひと口。
スープ自体はあっさりですが、豚と鶏をメインに、焼あご、昆布などの豊かな和の味わいが口内に広がります。丁寧に取られたであろう出汁の旨味ですね。さすがお蕎麦屋さん!

スープが澄んでる澄んでる!

麺は、中太・太麺の2種類から選べます(オススメのとおり太麺をチョイス)。

光沢がありツルツルの多加水ちぢれ麺は、コシがありスープによく絡みます。喉越しもよく、食べ応えのある太麺です。

麺リフト失敗。なかなか上達しない…

トッピングは、トロトロ系バラチャーシューにメンマ、なるとにネギ。

きくすい自慢のチャーシューは、じっくり煮込まれていて柔らかい。肉々しさは残しつつ、脂身が口の中でトロけています。味もしっかり染みているのも嬉しいですね!

とろける~

完飲完食。最後まで飽きることなく、おいしくいただきました!

会津には珍しく短い冬を終え、朝ラーも再開になったので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

きくすい
住 所:福島県喜多方市寺町南5062-22
時 間:10:00~14:30/17:00~20:00
    土日祝 7:00~15:00
    (冬期間は朝の営業休み)
    ※スープが無くなり次第終了
定休日:水曜日
座 席:30席(テーブル・小上がり)
駐車場:8台(店舗前:4台/田中又一記念喜多方煉瓦館地内4台)
決 済:現金・PayPay
Twitter:なし
一番近い店舗:なし(隣接市のため、車で30分)

この記事が参加している募集

#オープン社内報

22,831件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!