見出し画像

【朝ラー@会津若松といったら…】こだわり支那そば 大笑家

お疲れさまでございます。
企画・採用担当のタカハシ(@taremetabo)です!

「今日は遅番。そうだ、朝ラーへ行こう!」ということで、今回ご紹介するお店は大笑家(たいしょうや)さん。

会津若松市内では、朝ラーをされているお店はこちらを含めて3ヶ所ほど。タカハシにとって貴重なお店の1つです。

また、「会津若松城(鶴ヶ城)」からほど近く、国道沿いの交差点にあり、場所も分かりやすいですね。

最近、リニューアルオープンしたよ!

ちなみに、入り口は国道側と駐車場側の2つ。券売機が駐車場側から入ったところ(厨房付近)にあるので、そちらからの入店を推奨します。

今日は…“支那そば” キミに決めた!

食券をカウンターに出し、スタッフさんの元気な挨拶と素敵な笑顔に迎えられました。あとは、お水(セルフサービス)をディスペンサーで注ぎ、案内されたテーブル席へ。

着丼!待ってましたー

ひと口 啜ったスープは、あっさりながらも甘みコクがある上品なスープ。ほんのり魚介系の香りを呼気と共に感じます。朝食べに来ても、スッと飲み干せるのが嬉しいですね。

スープに漂う魚粉に食欲が掻き立てられる!

麺は、会津スタンダードより少々ちぢれが強めの中太の熟成多加水麺。安定のツルモチ食感の麺にスープがよく絡んできます。

なめらかな舌触りー

トッピングは、チャーシューにネギとメンマ。

このラーメンのために作られたようなトロトロのチャーシュー。
また、ほんのり甘みを感じつつシャキッとした食感のネギが堪らない。メンマも主張しすぎず脇役に徹しています。

しっかりとした、まとまり

まさに会津・喜多方に代表されるラーメンの姿が、そこにありました。

また「朝からガッツリいける」そんな時は大盛りはもちろん、トッピングで背脂を追加すると、より甘みを感じるスープへ。

背脂もしつこくないですし、こちらもオススメです!いつまで経っても痩せられないタカハシでした。

こだわり支那そば  大笑家
住 所:福島県会津若松市山鹿町6-67
時 間:7:00~13:30
    ※スープが無くなり次第終了
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日休み)
座 席:30席(テーブル)
駐車場:6台
決 済:現金(券売機)
Twitter:なし
一番近い店舗:くすのき薬局

【プチ情報】
備付けのティッシュなどはありません(ポケットティッシュなどがあった方がよいかもです)


この記事が参加している募集

#オープン社内報

22,831件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!