見出し画像

食育イベントに参加してきたよ

こんにちは!ひのき薬局 管理栄養士の木崎です。

突然ですがみなさん。
毎月19日は何の日かご存知ですか?実は食育の日と定められているんです。

食育の「育(いく)」という言葉が「19」という数字を連想させること、また「食」という言葉も「しょ→初→ 1 ・ く→ 9」ということで、「19」を連想させることから、19日が食育の日となったそうです。

なぜ、こんな質問をしたかと言いますと…、先日、食育の日に合わせて行われた食育イベントに参加してきたので、今回の社内報ではその活動の報告をしていきたいと思います。


なぜ参加することになったのか

ひのき薬局は「栄養ケア・ステーション」という日本栄養士会が認定する制度で、2021年に申請→認定を受けました(パチパチ)。

認定栄養ケア・ステーションでは管理栄養士・栄養士が栄養、食生活についての相談や講話、料理教室などの講師を承ります。今回は、食育相談の依頼を受けて、イベントに参加してきました!

食育イベントとは?

「成長期の子どもの望ましい食についての理解を深め、子どもの健康増進につなげること」を目的に、今回は喜多方市(近隣の市)の「ひとづくり・交流拠点複合施設 アイデミきたかた」という施設で行われました。

はじめてきたよ!

余談ですが、この施設にはめごぷらざという「屋内子ども遊び場」もあり、毎日多くの親子が遊びに来るそうです。

イベント開始前に施設内を案内してもらいましたが、本当にすごい…!!東北最大級のネット遊具や砂場など、天候に関係なく楽しめる要素が満載でした!

(祐樹さんも定期的に遊びに行っているみたいです)

その施設の一角で、食育相談コーナーの担当として待機…、遊び終わった方や、これから遊びに行く親子がブースに来てくれました!

きてくれてよかった…

「離乳食のこと」「野菜を食べない」「鉄分をとりたい」などなどたくさんのご相談があり、お話しさせていただきました!少しでもこれからの食生活のお役に立てればうれしく思います。

お母さん、お父さんが相談している間、お子さんたちは食育グッズで遊べますよ

なお、このイベントは11月まで毎月19日に行われますので(8/19、9/19、10/19)、お近くの方はぜひお越しください。私たち管理栄養士チームも 毎月、参加予定です!

そして!

ひのき薬局 認定栄養ケア・ステーション」への依頼もお待ちしております!

「こんな依頼でも良いのかな…」「こんなことやってみたいな」など、明確に決まっていなくても、一緒に企画していきたいと思っていますので、どうぞお気軽にご相談ください。


この記事が参加している募集

#オープン社内報

22,831件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!